有酸素運動痩せない

運動でダイエットを試みようと思うと、
まず思いつくのはランニングやジョギング、
それからウォーキング等のいわゆる有酸素運動だと思います。

道具も必要無いしお金も掛からないということで
手軽に始められることが大きな魅力ではありますが、
本格的なダイエットで理想ボディを手に入れようと思ったら、
この有酸素運動のみのダイエットでは実はあまり痩せないのです。

ランニングは脂肪燃焼に効果はあるが効率が悪い

確かに有酸素運動は脂肪燃焼には効果があります。

しかし、細マッチョやスレンダーなクビレを作りたい人にとっては
正直ランニングやジョギングだけでは
理想体型を実現させることは難しいと考えられるのです。

 

有酸素運動で痩せるなら長時間トレーニングが必須

その理由の第一に、有酸素運動は筋トレなどの無酸素運動と違い、
筋肉を鍛えて基礎代謝を上げることがあまりできないからです。

有酸素運動には、基礎代謝がアップすることによる
「運動していない時でも脂肪を燃やし続ける効果」が期待できません。

 

つまり、ランニングやジョギングは運動を行っている最中しか
脂肪が燃えないことになるため、
かなり長時間のトレーニングを続けないとダイエット効果が期待できず、
相当な根気と努力が必要になるのですね。

さらに脂肪燃焼や筋肉合成に作用する成長ホルモンの分泌が
運動開始後20分経たないと始まらない
ため、
やはり有酸素運動は長時間行わないとダイエット効果が出づらいということなのです。

 

痩せてもポッコリお腹は残ったまま!?

次に第二の理由として、有酸素運動のみのダイエットは
部分痩せが期待できないことです。

マラソンの市民ランナーの方々を見ていると、
フルマラソンを完走するようなレベルの人でも
太っていたり、痩せていてもお腹だけポッコリ出ている人が沢山います。

 

つまりランニングやジョギングなどの有酸素運動は
痩せる場所を選ぶことができないため、
痩せ始めてもお腹や足、太もも、二の腕などの気になる部分の脂肪が残ったままというケースが多いのですね。

やはり細マッチョやスレンダーなクビレを作りたいのであれば、
しっかりとその部位の筋肉を鍛えることが重要になります。

有酸素運動より基礎代謝を上げる筋トレが最優先!!

ここまで読んでいただければもうお解りだと思いますが、
メリハリのある理想的な体になるためには
しっかりと筋トレを行う習慣が大切になるということです。

前述したように筋トレなどの無酸素運動には
基礎代謝をアップさせる効果があるため、
運動をしていない時でも常に脂肪を燃焼してくれるのです。

 

そしてもちろん、気になる部分の筋肉を鍛えていく事で
しっかりとシャープな体型を作っていく事ができます。

ボディデザインという言葉がありますが、
その名の通り、筋トレを行うことによって
実現したい体型をある程度思い通りにコントロールすることが可能なのですね。

筋トレ後の有酸素運動が最も痩せやすいパターン!

ただ、前述したとおり、
ランニングやジョギングなどの有酸素運動は
それ自体には脂肪燃焼効果はもちろんあります。

そこでオススメしたいのが、
筋トレ⇒有酸素運動の順番でトレーニングを行うこと

 

筋トレを行うと成長ホルモンが大量に分泌されます。

その状態ですぐにランニングやジョギングを行えば、
先述した開始後20分ではなく、
直後に脂肪燃焼が始まるため、短時間での効率的なダイエットが期待できる
のです。

このように、筋トレと有酸素運動を上手く組み合わせることによって
ダイエットが成功するスピードはより早くなっていくのですね。

 

また、筋トレは基本的に毎日は行えませんから、
筋トレができない日に有酸素運動を行うというのも効果的でしょう。

ということで、筋トレをベースにした上で、
効果的に有酸素運動も取り入れてみてください^^